「あたしさ、今から九州に帰るんやけど、送ってくれん?」