新たに担当になった保険会社の女性が家に来た時、コーヒーカップを落として割った。すると「よかったわ、大したカップじゃなくて」