結婚したばっかりの頃、ウトがやっぱり先祖自慢を始めた。(旦那がいないとき)