「お義母さん、なに?!」 「はっ・・・はっ・・・は~~・・・・・・・・・」