ある日、母の希望で文鳥のヒナを飼うことになりました。