突然、コウトが「ドーーーン!」という声と共にトメを叩きつけた