社内はどんどん混雑して行く中で、おばはんはボックス席を占領し席を譲らなかった。