私は帰宅の際いつも先頭に並んで電車を待っている。やがて隣に来る人が毎回同じ人になった。