6年生になった日から1年間、担任とクラスメイトから『存在自体が無い者』として扱われていた。