「好き」を仕事にしたいって思ってたけど俺には無理だった