母の「ゴメンね。お腹重くてしばらく治らないの。大切なのよ」という言葉を聞いて私は子供なりに「大切なお腹」に嫉妬したんだと思う。