【苦悩】嫁のフリンが発覚して一週間後、タヒのうと思って遺書を書いた。最後に子供の顔を見ていたら涙が止まらなくなった。起きた妻も泣いていた。