トメ「私はもう大丈夫、ありがとう嫁子さん」とマジ泣きしながら電話掛けてきた。