幼いころに亡くなったはずの祖母が最近まで生きていた。顔も知らない祖母は20年以上も俺に詫びながらひっそりと暮らしていた。