トメは自分を「お母さん」と呼ばせるよう娘に教えこんでいました。