嫌で嫌で仕方なかった仕事を、頑張ってみようと思った瞬間だった。