娘を死においやったのは、他でもない私自身だった