子供の頃大好きだったから、どうしても食べたくて諦めきれなかった。