私は頭を打って顎の筋がおかしくなり、母に口が全然開かなくて素麺しか食べれないと言った。しかし母がお見舞いに持って来たのは大きな御萩だった