ある日彼女に黙って帰省した。彼女が借りている部屋に行き、ピンポンするが出ない。仕方がないからしばらく待つことに → すると、自分の視界に信じられない光景が・・・