彼「おいおい、そんなことじゃ俺と付き合っていけないよ?」