幼い頃の記憶… 私の視線はあるものに釘づけになっていた。長い台の上に散らばる白い物体に