「そんなに沢山作ってるんならひとつぐらいくれてもいいんじゃない?」