ある日、中学生の姪の肌着が盗まれ、あろう事か俺が疑われた。いくら否定しても姪に「キモイ」「死ね」といわれた