彼に何度セ〇〇は好きだと言っても「無理しないでいいよ♪」と取り合ってくれなかった