彼に胸ぐら掴まれて床に叩き付けられ別れた。しかし全然目が覚めない私は『まだ彼に何かしてあげれたんじゃないか』