トメ「私も、そろそろお迎えに来て貰わないとねえ・・・」