「あんたの事、母親だと思ってねえよ!!」この一言を聞いたとたん、いつもは口うるさいお母さんが黙った。