「あっ俺ヤバイな」っと思った瞬間