【幼児期の記憶】年子の妹が産まれて母の意識が赤ちゃんの妹ばかりにいって悔しかった。だから持ってた麦茶を妹の顔にかけた。