私と姑は、お互いを嫌いあっていると思っていたが、それは夫とコトメの策略によるものだった。