3歳長男が、生死を彷徨う大病で数週間入院したときのこと