息子「何をしているのかなー。あ!町の平和を守るためにいるのかな?ちょっと聞いてこようかな…」