死産を悲しんでいた母。ある日、玄関に新生児が置かれていた