私「エグ…友人のね…エグエグ…お母さんがね…(泣きながら説明)」 彼「…」