「黙っといてあげますよ、だからねっ、あとは私の口から言えないけど、わかりますよね」