受付を任されていた友人二人が会場に向かうと、席次表とともに2次会の案内カードが準備されており、その友人2名が幹事として書かれていた。