「永遠の3ヶ月の人」と呼ばれているおばさんの話