K君「いいかお前ら、人を傷つけて手に入れたものは、すべて無価値なんだよ…」