【洒落怖】ある深夜、踏切の手前に女の人立っていた。私は気にしながらも、その女の人横を通り過ぎた帰宅し床についた。暫くして、電車の物凄い急ブレーキの音が聞こえてきて…