「いつもお世話様です」と居間に母親も知らない、会う約束すらしていない老男がテレビを観ていた