舅が動き回るコトメ子を膝の上に乗せ衝撃的な行動に出た。可笑し過ぎる行動に私は肩が震え、唇を噛んで必死で耐えた