高校2年のある日、両親が「そろそろお前の結納しようと思う」