深夜、ドア「ガンッガンッ!」私『えっ、誰!?』ドア「ガンッガンッ」私『よし…』電動ノコギリ片手に近づいた結果・・・・・・