幼稚園の頃、母が2人目を妊娠。親の愛情を独り占め出来なくなると絶望した俺は、流産させようと行動を起こした。