日頃、自分は冷血とほざいているダンナが意外と人情深かった