鬼女「あーあうちの小人もたまには役に立ってくれないかな。」