険悪なのに、ウトメやコウト夫婦の前で、何もない風に装うのも疲れる。