年寄を労れだの、老い先短いからだの 何だかんだ言いながら、ほのかに同居を匂わせてたトメ。