「たあくん(夫のこと)は私だけのたあくんだったのに」 と姑が言った。